MENU

防犯こそ、第一に。

『ブライムスイート建中寺』の優れたセキュリティプランは
防犯に関する50項目を超える厳しい条件をクリアしていると判断され、
「防犯優良マンション」設計段階適合と認定されました。


認定基準は全国公益法人※が、「防犯環境設計(CPTED)」の4つの防犯設計手法の基本原則に基づき、警察庁、国土交通省による「防犯に配慮した共同住宅に係わる設計指針」を踏まえて策定されています。『ブライムスイート建中寺』は、さらにそれを受け、愛知県が独自の認定基準を制定したものの適合(設計段階)を受けています。

※全国公益法人とは、財団法人全国防犯協会連合会、財団法人ベターリビング、社団法人日本防犯設備協会の総称です。

設定基準は、防犯環境設計を考える4つの基本原則。

  • 1

    犯罪企図者の接近の制御

  • 2

    部外者が侵入しにくい領域性の強化

  • 3

    居住者や周辺住民等による監視性の確保

  • 4

    住戸内の被害対象の強化

■愛知県審査基準・・・見通しのいい配置計画や外部から侵入しにくくするための設備(照明・オートロック・防犯カメラ)の設置、及びその仕様(CP認定品の採用)など、約50以上の項目が設けられています。


「防犯優良マンション」の認定を受けるためには、
「設計段階審査」と「竣工後審査」の
2段階の厳しい審査をクリアすることが条件。

設計段階審査適合証の交付

認定基準に適合すると
「設計段階適合証」が交付されます。

認定証等の交付

認定基準に適合すると「防犯優良マンション認定証」および「認定プレート」が交付されます。(有効期間5年)

もしもを想定してこそ、日々の幸せを強く守れる。

平穏な日常。それは、豪華な装飾や過度なサービスよりも、まず、叶えるべき理想の暮らしといえます。部外者や不審者の不正侵入を防ぐため、共用部や住戸を含めた4ゾーンにてセキュリティを強化しました。

「ブライムスイート建中寺」は、ハンズフリーで
施錠・解錠が可能な最新式電気錠システム採用。

鍵はポケットにしまったまま施錠、解錠が可能な次世代ハンズフリーシステム。

Raccessキーをポケットやカバンに入れたまま、ひとつの鍵だけでマンションのエントランスや宅配ボックス、エレベーターや玄関ドアにいたるまでの操作が可能です。

参考写真

Raccessキーの特徴
  • キー一体型で
    停電時も安心能付
  • ICチップ内臓で
    誤作動防止
  • 押しボタンによる
    遠隔解錠機能付

敷地内に複数台の防犯カメラを設置。居住者の方の安全を24時間365日見守ります。
部外者の侵入防止や犯罪抑止にもつながります。

24時間暮らしを見守るT・E・Sシステム
(トラスト・エキスプレス・セキュリティシステム)

各戸の防犯・緊急押ボタン・火災・ガス漏れの各信号を即座に24時間監視センターにてキャッチ。併せて共用部の火災・共用設備の異常信号も受信し、暮らしの安全を見守ります。なお、異常が認められた際には緊急対処員が急行します。

録画機能付防犯カメラ

参考写真

エントランスホールをはじめとする共用部に防犯カメラを設置。目の届きにくい場所も24時間監視します。また、すべての映像は常に録画され、侵入・犯罪を未然に防ぐ効果も期待できます。

集合玄関機前を通行することでエントランスの解錠ができるハンズフリーキーを採用しました。
また、来客の際は、住戸内のモニターでエントランスの来訪者の顔と声を確認できます。

参考写真

カラーモニター付インターホン親機

音声と高画質のカラー画像で来訪者を確認できる、大型カラーモニターインターホン。ワイドな画面とタッチパネルで操作も簡単。ワンタッチで通話できるハンズフリータイプです。

概念図

フレームチェック

集合玄関機にカメラ映像を表示。訪問者の様子を映すだけでなく、訪問者自身に「映されている」という認識を与えることで、犯罪抑止効果も高まります。

ハンズフリーキーによる入館認証システムとエレベーターセキュリティシステムの連動で、
エレベーターが1階に到着。ハンズフリーキーを検知し、居住階まで自動運転します。
また、部外者の侵入を防ぐシステムも採用しました。

概念図

エレベーター前
防犯モニター

1階のエレベーター前に、エレベーター内の様子をリアルタイムで映し出す防犯モニターを設置。イタズラや迷惑行為の抑止につながります。

参考写真

住戸玄関と共用廊下側の窓には、CP認定を取得した部材を採用。外部からの侵入防止に配慮し、警備会社と連動したシステムも備えています。

参考写真

ブラインド面格子

共用廊下に面した居室の窓には、開閉調整が可能なブラインド面格子を採用。廊下側からの視線を遮り、セキュリティ性とプライバシー性を高めます。

参考写真

防犯マグネットセンサー

全戸の玄関ドアと共用廊下に面する窓、2階と最上階の全ての窓にマグネットセンサーを設置。就寝時・外出時、窓や玄関に開閉異常が見つかった場合、警報が鳴ると同時に警備会社に通報します。

警察庁や民間団体などからなる官民合同会議が、防犯性能に関する試験結果に基づき、「侵入までに5分以上の時間を要する」など一定の防犯性能があると評価した『防犯建物部品』にのみ使用が認められるものです。

※参考写真は弊社施工例およびメーカー写真のため実際とは異なる場合があります。※掲載の概念図は図式化したもので実際とは異なります。

資料請求 来場予約 現地案内図 TEL
pageTop